モレノ式ダイエットは痩せない?失敗しないために気をつけることまとめ

2020-09-06

 

こんにちわMIYUです。

モレノ式ダイエットを初めて14日目です。

→健康的に激ヤセ!モレノ式ダイエット1週間で1.7キロ減、体脂肪0.5%減

これからモレノ式ダイエットを始めようかな、または少し興味があるという人に

これだけは絶対避けたほうがいいという注意すべき点をみつけたので、先にお伝えしようと思います。

ちなみにこのことは本には書かれていません!

created by Rinker
日本文芸社
¥1,430 (2021/10/26 19:42:58時点 Amazon調べ-詳細)
miyulife-224537258993

書いてくれてもよかったのになあ。みなさんには、はじめからスムーズにいってほしいのでMIYUが発見したモレノ式ダイエットを始めてはいけないタイミングをお伝えします。

モレノ式ダイエットが失敗する理由

それは、女性の方は生理が終わってから促進期を始めるべし!です。

促進期に毒素が抜けてスタートダッシュがかかって、一気に痩せることができるのがモレノ式ダイエットの強みだと思うんですね。

促進期がいちばん食事制限が多いので、やせて効果が出ることが励みになるはず

でもせっかくの促進期に生理が絡んでくると思うように体重が落ちなくなりますし、人によってはPMSで食べてはいけないものを食べちゃったり…

私の場合、食欲の増加はあまりなかったのですが、促進期11日目までは

-1.75kg、-0.5%減とかなり順調に体重体脂肪ともに落ちていました。

ですが、そのあたりでホルモンバランスの変化がはじまって、促進期の修行僧のような食事を続けているのに、ホルモンが体に水分を溜め込んでいるのかあっというまに、ブクブクもとに戻って-1kg に!

MIYU
MIYU
食欲が増して食べちゃったとかじゃないです!むしろ食べてないし運動しているのに

2kgはかんたんに落ちます!と書いてあったのに本当に萎えた~

created by Rinker
日本文芸社
¥1,430 (2021/10/26 19:42:58時点 Amazon調べ-詳細)
miyulife-224537258993

モレノ式ダイエットを今から始める人は、生理が終わって痩せやすくなっている時期からはじめたほうがいいと思います。

でないと出鼻からくじかれますよ。

とはいえ、対策して乗り切っていきます!

 

①促進期(17日間)←今ここ!
②活性期(17日間)
③確立期(17日間)
④達成期(継続)
47kgまでいくぞ~~????

痩せなくなってきたときの対策

増えたのはおそらく水分なのでムダな水分を体から出しやすくする方法を考えてやっていきましょう。

カリウムで水分の排出をする

カリウムが多く含まれている野菜や、面倒ならカリウムサプリをのんで、体から余計な水分をどんどん出します。

体が冷えやすくなるのでやりすぎにならないよう慎重に!

モレノ式ダイエット促進期で食べていいものの中でカリウムが多い食材

・ほうれん草(葉物野菜すべてOK)

・きゅうり(糖質も脂質もなくってカリウム豊富)

・キウイ

・りんご

わたしは、きゅうりをぬか漬けにして食べたり、果物を選ぶときにカリウム豊富なものにしています!

created by Rinker
みたけ
¥751 (2021/10/26 07:20:47時点 Amazon調べ-詳細)
miyulife-22B003STECK4

発酵ぬか床というのを使っていて、これだと面倒なぬかのお手入れがいらないんです。

冷蔵庫にしまえるし、かき回さなくていいし、野菜が安いときに買ってきて、中にギューッと入れて漬け込んでます!

ぬか漬けは乳酸菌がたくさん含まれています。

モレノ式ダイエットにでてくる「プロバイオティクス」に当たりますので、どんどん食べましょう~★

MIYU
MIYU
水分よ出ていけ~~

有酸素運動をすこし多めにする

私は有酸素運動がすきではないので乗り気ではありませんが、かんたんでも体を動かすとスッキリはします。

朝起きてこちらの運動をしていました!スペースを取らないし、テンションあげなくていいし、上げ下げの動きがおおくむくみがとれます!

MIYU
MIYU
始める時期をちょっとばかししくじったけど、モレノ式ダイエットの効果は出ているよ!肌荒れがとっても減ったのもよかった。やっぱり加工食品ってダメなんだなあと感じました(たまには食べたいけど)

モレノ式ダイエットは始める時期が大事

モレノ式ダイエットでいっちばん痩せる促進期!

ここに生理が当たらないようにしましょうというのが、今回の記事の趣旨でした。

体の波ってどうしようもないけど工夫して乗り切っていきましょう。逆に痩せやすくなる時期にはじめたら、スタートダッシュをかけることができますしね。